三輪よし子

母と子のタッチセラピーインストラクター講座を受けてから、親子の中で変わったこと、子供へは以前からタッチセラピーはしていましたし、
かなり大きい(中3男の子)のでオイルを使ってのマッサージはしていませんが、私が育児サークルの中での活動(仕事)の様子を子供が見てくれたのはよかったです!

講座をしての感想
お姑さんが言うことはなかなか素直に聞けないけど
今回の講座の中で教えてもらったことがお姑さんの言葉とも同じだったこともあり(特に食事の部分)納得すると同時にお姑さんとの関係もよくなった自分なりに予防接種はよくないと感じていたのでやっぱりそうでしたか!

子供がお風呂上がりに毎日するベビーマッサージを楽しみにしてくれてて
気持ちよさそうに腕をぐーんと伸ばすのを見ると私も幸せです
などの嬉しい感想を頂いています
もっと多くのママたちが『触れる』ことを通じていっぱいお互いの愛情を感じてもらい、親子関係の基礎を小さい時から揺るぎないものを作って欲しいと願っています。

長谷川亜代

8歳の男の子は人前で甘えることは恥ずかしがる年頃です。
離れてきたなーと感じていましたが、もまだまだ家では甘えたいようです。
手間はかからなくなって子供と触れ合う機会がグッと減ってきています。

そのくせ「~しなさい」「はやく」が口癖のうるさいだけの母親になっていたように思います。
タッチセラピーを子供にするようになって、まず子供の微妙な変化を感じることが出来るようになりました。
なにした?何があった?と聞くだけではなく、不安を感じていたり、嫌なことがあったり、そんなときこそタッチセラピーが必要!
短くて毎日していますが、そういう時は長めに時間をかけて行います。
イライラしていてもタッチセラピーした翌朝にはスッキリと起きてきます。
タッチセラピーは講座名に「母と子」のとあるとおり、どちらかからの一方通行のものではなく、共に与え合うものです。
何か特別なことをするのではなく、喜びや悲しみを共に分かち合うことが大切だと思います。
会話で出来ること、又触れ合うマッサージを通じて出来ること。
子供だけに意識を向けていく時間を作ると、子供も安定していくように感じます。
母の愛情を一心に受けるのを感じることができるからだと思います。
母と子で絆を深めながら共に成長していき、
今の凶悪な事件が起こる時代を乗り越えていきたいと思います。
又、今の社会を変えていきたいと思います。
講座では、体のこと、また食べ物のこと、当たり前と思っていたことが間違っていたこと。
改めて知ることが多くあります。
体の免疫力を高め、親子関係も深め、明るい未来へ続く、とてもためになる講座です。
欲張りになって、是非全部吸収して実行していただきたいと思います。